最新情報

2011/08/07

8月23日(火) 平野勝之トークイベント・第二弾 『AV監督失格! Vol.2』 開催決定

『監督失格』の公開を控え、監督・平野勝之をより深く知って頂くための三ヶ月連続トークイベント。その第二弾の開催日が8月23日(火)に決定いたしました。平野勝之ファンの方から初心者の方まで、是非この機会をお見逃しなく。

『監督失格』公開記念 三ヶ月連続カウントダウン企画第二弾
『AV監督失格! Vol.2 ヌケないAV監督からパンクドキュメンタリスト誕生までの軌跡』

平野勝之はAVの常識をことごとく裏切ることで注目を浴び、そして孤立してきた作家です。前回vol.1では、AVの枠をぶち壊すパンキッシュな作品を見て頂きましたが、今回はいよいよそのキャリア後半、『由美香』から始まる自転車三部作に直接つながるドキュメント的作品が登場します。ここで平野がAVに持ち込んだ爆弾は「恋する視線」。前回の上映作品『21歳』は、気持ちのバランスを崩した女優と二人きりの部屋で進行する、気まずく滑稽な空気感を、切実なドキュメントに昇華させた名作でした。平野はこの方法論を徹底して推し進め、他のAV監督がフレームの外に捨ててしまった、「恋愛における猥雑物」=口説き、見つめ、ベッド以外でもじゃれつきあう姿、喧嘩し不機嫌になった時のお互いの居づらさ—ひと口で言えば「恋愛のめんどくささ」のすべてをカットせず記録しつづけるようになったのです。本来のAVは、そんなめんどくさいプロセスをフリーズドライし、「抜く」事に専念させる“道具”であるはずですが、平野の志向したのは 180度逆の方向性。ひとりの女に発情し、ひたすら密着し続けるリアルで濃密な時間とその貪欲な視線は、まるでフランソワ・トリュフォーの恋愛映画のようでもあります。ひたすら対話し、“恋愛”のウダウダすべてを記録し続ける平野は、「AV監督」ではなく「カメラを抱えた恋人」として女優と向かい合うのです。その狂おしいまでの執着心が『由美香』やさらにその先の『監督失格』へとつながっていくことになります。
今回はホラーというジャンルで同じく恋愛の狂気を描く小説家・岩井志麻子と、かつてその平野の熱視線をその身で実際に受け止めた元 AV女優で現在はお芝居や執筆を中心に活動している小室友里を迎え、平野の“恋する視線”を女目線から徹底的に語り尽くします。

日時:8月23日(火) 開場19:00 開始19:30
会場:LEFKADA
新宿区新宿5-12-4リーレ新宿ビルB1
TEL 03-5366-0775
入場料:1,500円(当日券500円up)
※店内でのご飲食には別途料金がかかります。入場時に別途ワンドリンクをご購入いただきますのでご了承ください
出演:平野勝之
岩井志麻子(小説家)
小室友里(女優/ライター)
東良美季
主催:Live Wire
後援:『監督失格』製作委員会
協力:V&Rプランニング、h.m.p、アリスJAPAN

チケットのご購入はこちら

※本イベントは都条例により18歳未満の方の入場はお断りいたします。当日入場の際に年齢の確認できる身分証(免許証、学生証、社員証、パスポートなど公 共機関が発行する証明書)の提示が必要となりますので予めご了承ください。また、未成年者へのアルコールの販売も固くお断りいたします。
※イベントの内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。